ブームも去り、下火となっている太陽光発電。国がFIT制度(売電制度)を定めた2009年から約10年でずいぶん「太陽光発電」自体の認知度は広まりました。一方で2019年問題と言われるFIT制度の売電期間終了に伴うニュースが世間を騒がせています。制度が始まった当初は住宅用が48円/kwhだった売電単価も年々減少し、2019年申請分は24円/kwhとちょうど半分まで値下がりしました。「売上半分じゃやる意味ないか…」と思う方も少なくないはず。でもそうでもない事実があるのでご紹介しましょう。

 

1.半分になったのは売上だけ?

売電単価の値下げと共に下がったものがもう一つあるんです。

それは「導入コスト」

10年前は導入コストもかなり高額だったんです。太陽光発電用補助金もありましたよね。補助金制度を国が定める一つの理由として、「対象の事業を広めたいから」という狙いがあります。2009年頃は太陽光発電は一般的ではなかった。だから認知度も低く、イコール製品も売れなかった。需要と供給のバランスを考えると分かるように売れない商品は値下げできませんよね。大量生産できませんから。

余談ですが、製品にはプロダクトライフサイクルというものがあって、開発された初期のよちよち歩きのころは「売れなきゃ値下げできないけど値段が下がらないと誰も変えない」という卵か鶏か問題は付きまといます。でも国や世界が目指す方針に合っている事業(エネルギー問題とか)は広める必要があるので値下げできない代わりに補助金を出すわけですね。

そのくらい導入コストが高かったわけです。でも今は浸透しきっており、製品も成熟期に入っていることから価格がめちゃくちゃ下がりました。なので、利回りとしてはそんなに変わっていないのも事実です。
参照:太陽光発電総合情報 太陽光発電の売電価格これまでの推移

 

2.そもそも太陽光発電の目的は?

そう、これが本題です。太陽光発電の本来の目的はなんだったのでしょうか。FIT制度がきっかけで広まってしまった太陽光発電は投資用事業としての認知が一般的になってしまいました。だから山の木を伐採してのメガソーラー設置が乱立したりしているわけですね。太陽光自体を否定する気はありません。むしろやるべきです。でも日本の場合は売電があることで少し歪んだ性質になってしまっています。

本来は石油の代替エネルギーとして開発されたものです。電気を発電して売るのではなく、電気を発電して使うことが目的のはずですよね。だとしたら「売電が減ったから、無くなるからやらない」ではなく、「自家消費用として本来の姿にようやく日本が追いつき始めた」という解釈が適切と言えます。

 

3.年々増えていく電気代

太陽光発電が広まったおかげ(せい)で全国民の生活に変化が起きているのをご存知でしょうか。今すぐ「電気使用量のお知らせ」をご覧ください。内訳の一番下に「再エネ発電賦課金」という欄がありますよね。こちら年々割合が増えています。平成24年から始まった賦課金の電気代に占める割合は7年で13.4倍になりました。13倍って…

これは電力会社が買取に要する費用負担を電気を使う全国民から収集している仕組みです。電気を使っていない国民はほとんどいないと思うので、ほぼ税金のような仕組みですね。通常の電気料金に加えて太陽光発電の買取も同時に行っているという事になります。

 

4.実は得していないかもしれない深夜電力

太陽光を検討する方の多くはオール電化を採用していると思います。(違ったらごめんなさい)オール電化にすると光熱費がまとめらるのと、深夜電力契約を行うことでなんだがお得感がありますよね。家計簿をしっかりつけているご家庭以外は感覚値になると思いますが、安くなりましたか?そうでもないと思うんですよね。確かに深夜電力は安いんです。それはその通りなのですが、昼間の電気代って意識したことありますか?

深夜電力はその名の通り深夜電力は10.92円/kwhと安いです。でも昼間は最大34.19円/kwhまで上がります。単価が3倍以上ですね。で、一般的に契約が多いであろう契約プランの深夜電力時間帯は23時から翌朝7時まで。朝はともかく、23時前って普通に電気使いますよね。エアコン、IH、電子レンジ、洗濯機、他諸々。特にエアコンで暖房を使用する冬は日中の電気使用量の方が多いはず。一方、深夜電力ではない一般的な電気契約プランは最大28.75円ですから日中の電気利用が多いご家庭はオール電化であっても深夜電力を使わない方がお得になってしまうこともあるでしょう。
※家族背景や使い方により個人差があります。

 

1.半分になった導入コスト
2.太陽光発電の目的
3.再エネ発電賦課金の割合増加
4.深夜電力プランの昼間単価

これらを総合すると
「導入コストが下がっている昨今において、自家消費目的に太陽光発電を導入することで、年々増えていく電気代を抑えることができる上に、昼間は太陽光発電で電気を賄うことで、深夜電力の恩恵を最大限受けることができる」という事になりますね!

 

もちろんこれからの時代背景に合わせて考え方は変わっていくことでしょう。大切なのはコトの性質を理解し見極め、上手に取り入れることです。蓄電池の性能やコスパが上がれば100%自家発電自家消費時代も夢ではなくなるかもしれませんね。